ノロウイルスの初期症状を知って早めの対策|早期発見が大事

大事な取り組み

婦人

食品を扱う工場でも、徹底して行いたいのがノロウイルス対策です。しかし、近年は生活の中でも感染する事例が出ておりますます対策を練らざるを得ない状況だといえるでしょう。それに特化した消毒で防ぐことができます。

もっと読む

ノロウイルスとは

細菌

皆さんは、ノロウイルスについてご存知でしょうか。 ノロウイルスは、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの1つです。このウイルスは1968年、アメリカの小学校で集団発生した急性胃腸炎患者から初めて検出されました。 カキなどの貝類の摂食による食中毒や、感染したヒトの糞便・嘔吐物などから経口感染します。 主な症状は嘔吐・下痢などです。また、発熱や呼吸器症状、重症だと脱水症状になることもあります。 ノロウイルスが最も猛威を奮うのが、冬場です。とくに11月から2月がピークです。感染者数は年々増加傾向にあります。今年も流行するでしょう。日ごろから手洗い・うがいを心がけておきましょう。特に小さなお子様のいる家庭は、集団感染する可能性があるので気をつけましょう。

ノロウイルスに感染しないためにも、日ごろから予防しておくことが大切です。1番簡単なのが、手洗い・うがいです。外から帰ってきたらすぐに手洗い・うがいをしましょう。手洗いは、石鹸を十分に泡立て、すすぎもしっかり行います。その後清潔なタオルで拭きましょう。 また、料理をするときもしっかりと加熱処理をしておくことが大切です。調理台や調理器具の消毒も必要です。まな板や包丁などは1分以上熱湯消毒をします。 1番注意しておきたいのは、2次感染です。ノロウイルス感染者の便にはしばらくウイルスの排出が続きます。便や嘔吐物はペーパータオルなどでふき取り、残ったものは塩素系漂白剤で消毒しましょう。汚染場所をしっかりと消毒することで2次感染を防ぐことができます。

消毒をして対策を

サージカルマスク

ノロウイルスは感染してしまうウイルスなので、しっかり対策を行っていないと集団で感染してしまう場合があります。消毒を徹底していればリスクを減らすことが出来るため、ノロウイルスに有効な消毒方法を知っておきましょう。

もっと読む

甘く見てはいけない

男の人

感染力の強いノロウイルスは、食中毒から発症することが多いです。一般的な食中毒ならお腹を壊して終わりですが、ノロウイルスは最初に発症した本人以外にも多くの方に感染してしまうのです。そのため、甘く見ないようにしましょう。

もっと読む