大事な取り組み|ノロウイルスの初期症状を知って早めの対策|早期発見が大事

ノロウイルスの初期症状を知って早めの対策|早期発見が大事

大事な取り組み

婦人

寒い冬は、ノロウイルスを原因とした食中毒が大変発生しやすい季節です。食中毒は、夏に起こるイメージが強いですが、決してそういうわけではありません。ノロウイルスは、非常に強い感染力があり、高齢者や小さな子どもなど抵抗力の弱い人や、病気で免疫力が落ちている人などは感染すると重症化する場合もあります。ですから、ノロウイルスの特徴と食中毒を防ぐ正しい消毒の方法などを理解しましょう。感染した人が扱った食べ物や加熱不足の二枚貝などが原因の場合と、患者の便や嘔吐物などが原因で感染する場合があります。予防方法は、とにかく消毒の徹底にあります。細かくいうと、手洗い、食べ物の加熱、調理器具やふきんの消毒、または煮沸を常に行うことです。市販されている手指のアルコール消毒液等は、ノロウイルスにはあまり効果がないと言われており、通常の水で手を洗うとき、石鹸をつけてしっかり洗うことで正しい予防に繋がります。

ノロウイルスは、特に冬の時期に多く発生しています。発生の主な原因は、ノロウイルスに既に感染している人の手等で、調理された食品や調理器具によって感染する、「二次感染」が増加しています。感染を防ぐには、日頃の手洗いが重要となりますが、ノロウイルスによる二次感染を起こさない「消毒のやり方」にも工夫が必要です。しかし、ノロウイルスは塩素系の消毒液「以外」や、抗生剤等も効かない程、非常に強い細菌ですので注意が必要です。二次感染を防ぐ為にも、嘔吐物の処理の際には、「使い捨て」の手袋・エプロン・シューズカバー・マスク、水で薄めて使用する「塩素系」の消毒液を使用しましょう。水で薄めて使用する塩素系消毒液の他に、嘔吐物凝固処理剤等も売られていますので、もしもの時の為に用意されておくと安心です。