消毒をして対策を|ノロウイルスの初期症状を知って早めの対策|早期発見が大事

ノロウイルスの初期症状を知って早めの対策|早期発見が大事

消毒をして対策を

サージカルマスク

ノロウイルスと消毒

ノロウイルスによる胃腸炎や食中毒は一年中発生していますが、特に冬の時季に流行します。ウイルスの感染経路は軽口感染が多く、患者のノロウイルスが含まれるふん便や嘔吐物から人の手などを介して二次感染したり、ノロウイルスに汚染された井戸水や水道を消毒不十分で摂取した場合などがあります。主な症状は、嘔吐症状や発熱症状、嘔吐下痢症状に伴う脱水症状があります。発熱症状の大半は初期段階に発症します。ノロウイルスの消毒ですが、次亜塩素酸ナトリウムを使うと良いです。薬局にも売ってありありますが家庭にある塩素系漂白剤でも簡単に作れます。ノロウイルスの殺菌は1分以上の煮沸消毒で殺菌できます。特に台所でよく使う布巾は、こまめに煮沸消毒すると良いです。

ノロウイルスには一般的な消毒薬は効かない

ノロウイルスは感染性胃腸炎を引き起こす原因となるウイルスです。感染性胃腸炎を起こすと嘔吐や発熱、下痢といった症状が見られます。ノロウイルスは患者の嘔吐物や、便に多く含まれています。患者の嘔吐物や便が手に付着してしまったりして、その手を十分に洗わずに、食事などをして体内にウイルスを摂取してしまうと、すぐに感染します。また一般的に使われているアルコール系の消毒薬ではノロウイルスを死滅させることができません。塩素系の消毒薬だけがノロウイルスに効果があります。これは家庭にある塩素系漂白剤などでも代用が効きます。最近はノロウイルスの集団感染などがよくニュースになります。そのため保育所や学校のほけんだよりなどで、保護者に注意喚起が行われる際、塩素系の漂白剤を用いて消毒することが重要であるという内容が盛り込まれていることも多く、塩素系の漂白剤できちんと消毒すべきという知識が、以前よりは普及しています。今後もその知識の普及がよりいっそう進み、塩素系漂白剤で消毒する家庭が増えていくことが見込まれます。